小学校へ行く前に習い事や教室へ通う子供

未就学時期の子供のの脳は飛躍的に発達する

このように未就学時期の子供の脳は爆発的に飛躍して発達する時期になっており、一説ではこの時期に習得した知識と経験はその人間の性格や適正をほぼ決めてしまうといわれているほど最も重要な時期なのだそうです。
このようなことが発見されてから親の子供に対する教育方針も大きく変化しだしており、この最も重要な時期の幼児期に必ず何らかの知識や経験を習得させようという風潮が主流になっています。
このような考え方はごく最近になって多くなっているようで、事実最近になって幼児向けの教室の数が急増しており、そこに通わせる親の数も急増しているようなのです。
また習い事に通わせる親の数もそれに並行するかのように急増しており、多くの子供たちが幼児期から習い事に通っています。

成長期を狙った親の集中的な教育方針

この重要な成長期を狙って子供達に何らかの教育を施そうとしている親の集中的とも言える教育方針はものすごいものがあり、子供の意思よりも親の子供に対する希望が優先されてしまっているかのようです。
事実、昔は受験というと高校からと考える親や、中学卒業時点で世の中に出してしまう親が多かったのに対して現在は幼稚園や小学校からお受験があるというすさまじい希望と方針を持って子供に接している親がものすごく増えています。
主に母親にその兆候が目立つのは自分で生んだ子供に未来が決まる前から過剰な期待を掛けてしまい、ちょっと暴走気味に教育に走ってしまう例も少なくないようです。
幼児期を経てすぐに受験となるとどうしてもその時期の教育というのは必要不可欠になり、然るべきところに通わないといけなくなる流れになってしまうようです。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c